自作杯(2022/6/26)

6/26に開催された第二回自作杯に参加させて頂きました!

とても濃密な内容だったので忘れないうちに記録に残したいと思い、久しぶりに投稿してます(笑)

自作杯とは

自作杯とは自作ルアーで釣ったバスのサイズを競う大会で、自作ハードルアーのみ使用するという縛りの中で釣りをする大会です。

私はこのような釣りイベントに初めて参加したので、実は少し緊張していたのですが…(笑)

会場は非常に和気あいあいとした雰囲気で、真剣勝負!というよりかは、自作ルアー仲間との釣りを気軽に楽しむという大会だったので非常に楽しめました!

釣りが終わった後は参加者同士でのルアー談議が始まり、SNSで関わりのある方々と実際に交流することができます!

釣り開始

船舶免許もエレキも持っていない私は手漕ぎで参加しました。

この日は日中30度越え+風速5mという手漕ぎをするには厳しい条件が揃っている予報だったのですが、朝5:00〜7:00頃までは風速2mと比較的穏やかでした。

風が穏やかな朝イチは最近好調な自作スピンテールミノーで一発出したかったので、水神屋さん対岸の橋の下で釣り開始、

橋の下付近は全体がシェードになっており、風も当たりづらく水面が穏やかだった為かなり期待がもてそうなポイントでした。(赤マーカー部)

自作スピンテールミノーで周辺を探っていると意外と早く反応が返ってきました!

2回ダイブさせポーズからの巻き始めでジュボっとバスがアタック!

フッキングも決まり、順調にボートまで手繰り寄せるまでは良かったのですが、ここで少し油断しました…雑に抜き上げたらポロっとボートの外へオートリリース…

バスの姿が見えていただけに、めちゃくちゃ悔しかったです(泣) 落ちた先がボートだったら…とか考えたら尚更悲しくなったので、その時は忘れることにしました(笑)

気持ちを切り替えたのは良かったですが、ここから先は一切魚からの反応が無く…

気温も上がり風も強くなる一方だったので、すっかりくたびれてしまい、結局10時であがりました。

自作ルアー談議

10:00であがって12:00までの2時間何をしてたかと言いますと、水神屋さんで涼みながらルアー談議をしていました(笑)

私の他に手漕ぎ参戦していたTSDさんや木枯らしさん、大会を運営してくださっていたTさんもいらっしゃったのですが、ルアーづくりに関するお話を沢山聞くことができて大変勉強になりました!

3Dプリンタならではのルアーづくり

私からTSDさんへ「左右で合わせる方式でルアーを作ったことありますか?」と質問した時に「作ったことありますが、それではインジェクション(射出成形)と一緒ですよね?」と回答が返ってきた時は非常に感銘を受けました。

その言葉からは3Dプリンタだからこそできるルアーづくり(一体型のブランクを出力する方式)を突き詰めていきたいという信念を感じました。

SNS上で見てずっと気になっていたOVOのカエルカラーも拝見させて頂きました。

積層痕とマジックで描かれたカエル模様がとてもマッチしていて、3Dプリンタならではの味が出ています。

積層痕を魅せる塗装を考えるのも3Dプリンタルアーの面白いところだなぁと改めて感じました。

頂いたルアーの紹介

rou ROCK(木枯らしさん作)

自作杯の参加費ルアーでは木枯らしさんのクランクベイト rou ROCKを頂きました。

参加費ルアーを選ぶ直前まで木枯らしさんとお話をしていたのですが、木枯らしさんがお隣にいる状況でこのルアーを引き当てるというミラクルが起きたのでお互い笑ってしまいましたw

ルアーはカラーリングが特徴的でドラゴンの模様がインパクト抜群です!複雑な模様をどのようにマスキングしているか興味深いです。

先日木枯らしさんから抽選でクランクを頂いた時はロストしてしまったので、今回はそのリベンジに燃えています!

琵琶湖ルアー(ばー助さん作)

ばー助さんからはルアー交換で琵琶湖ルアーを頂きました。

まず琵琶湖をルアーにしようと思った発想がすごいと思います(笑) あと、滋賀県の形がフラットサイドクランクに向いていると気付かされました。(何を言っているのだろうか?)

琵琶湖にあまり行ったことがないバサーには地図の役割も果たしてくれそうです(笑)

ケモン(釣音波さん作)

釣音波さんからもルアー交換でケモンを頂きました。

レモンを輪切りにしたようなボディに毛が生えているためケモン(毛檬)という名前をつけたそうです。ルアーの見た目と言い、名前の付け方と言い、独創的なセンスに溢れていて見ているだけで楽しいルアーです!

既存のルアージャンルにとらわれず、自由な発想でルアーを作ることの楽しさを釣音波さんのルアーから感じました。

まとめ

自作を初めて約一年経ちましたが、当初はまさか一年後に自作杯に参加しているとは思ってもいませんでした。

自作杯をきっかけに、改めて自作により一層力を入れたいと思いましたし、自作2年目に向けた良いスタートを切ることができそうです!

来年は入賞したいっす(笑)